逮捕されてから弁護士に会うまでの時間がカギ

逮捕されてから弁護士に会うまでの時間がカギ

捕まると、驚きや動揺で何もできないかもしれませんが、弁護士とだけは早期に接触することが大切といえます。

弁護士が開設しているあらゆるホームページを見ていても、逮捕された場合は捕まってから弁護してくれる人に会うまでの時間が短ければ短いほどいいと書いていました。

弁護士に会うならばいつあってもいいじゃないかと思う人もいるかもしれませんが、弁護士が早期に捕まった本人と会うことによって検察官による身体の拘束が短時間で済みますし、事件内容がニュースにでもなれば逮捕された本人も社会的ダメージを大きく受けることになります。

そのような事を未然に防ぐためには、早期に弁護してくれる人と今後の方針を話し合い、意見書の作成などをおこなっていきます。

検察官による勾留請求は時間との勝負なので、捕まってから弁護してくれる人に会うまでの時間はとても重要であり、捕まった後の人生に大きく影響してくるものなのです。

捕まってしまったから検察官の言うがままに従うのではなく、少しでも罪が軽くなるような努力をすれば判決すら変わってくるかもしれません。