罪を犯したことが事実の場合

罪を犯したことが事実の場合

罪を犯すと必ず警察に捕まるとは限りません。

ではどのような場合に逮捕まで至ってしまうのでしょうか。

それは罪を犯した者が逃亡する可能性があったり、証拠を隠滅する可能性がある場合です。

現行犯逮捕される場合を除き、警察が逮捕する時というのは裁判所の許可が必要なため、警察が勝手に逮捕することは基本的に許されていないのです。

また、捕まると必ず前科がつくものだと私は思っていたのですが、捕まるイコール前科ということではなく、刑事裁判がおこなわれ無罪になれば捕まったとしても当然前科はつかず、有罪判決が出て初めて罪を犯した者に前科がつくのです。

また、刑事裁判も捕まれば必ずおこなわれるものではないことをご存知でしょうか。

捕まった後、弁護士と話し合い解決の道を作れる場合もありますし、罪の大小や過去に犯した罪の履歴がないか、被害にあった人の心理状態など含めて検察官が刑事裁判の必要性がないと判断した場合は、刑事裁判がおこなわれないわけですから前科がつくことはないのです。

やはり、捕まった場合は弁護士の協力も非常に大切になってきます。