接見禁止とは何なのか

接見禁止とは何なのか

接見禁止とは、逮捕されたり拘留されたときに外の誰とも会ってはいけないという決められた定めです。

家族はもちろん、弁護士の先生でも、接見禁止の解除要請をして受理されなければ会うことはできません。

ただ、特別な場合もあり家族が会える場合もあります。

基本的に接見禁止はとても厳しいもので文書や手紙なども受け取る事はできないほどです。

なぜこのような定めがあるのかというと、誰かと会うことにより、犯罪の隠蔽工作がなされたり、共犯者との口裏を合わせたりされてしまう恐れがあるからです。

しかし、近年ではこの接見禁止を巡って論議がされています。

それは、外の誰とも会えない空間自体が本人にとってすごいストレスとなり精神を病んでしまうケースや、無理に自白をするケースがでているのも事実としてあるからです。

この様なことにならない、人権を守る為にもさらなる論議が必要だと感じます。

逮捕されて、接見禁止になった場合にはすぐに担当の弁護士、もしくは当番弁護士の先生にきてもらい、接見禁止を解除してもらうという手もありますね。